千葉

【千葉の観光】茂原市の戦争遺産「掩体壕(えんたいごう)」

掩体壕とは

掩体壕(えんたいごう)は、敵機の空襲から戦闘機を守り、隠しておくための格納施設です。

掩体壕の築造方法

土砂をおわん形に盛って転圧し、筵(むしろ)や板を並べ、その上に金網や鉄筋を張ってセメントを流します。固まったら土砂を取り除き、上空から見つけにくくするため、上部を樹木で覆い、周辺と同化させます。

茂原の掩体壕

戦時中には茂原海軍航空基地があり、航空機を滑走路から誘導路を走らせてきて壕に納め、敵機からの攻撃に備えるために作られたものです。

※三井化学茂原分工場の広大な敷地が当時の茂原海軍航空基地

現存しているものは10基ほど。市で管理しているものもありますが、全て私有地に建っています。

本小轡の掩体壕

厚さは30~50cmとバラツキがあり、計算通りのセメントが間に合わず、後から付け足した様子もうかがえます。

掩体壕マップ

※Googleマップで場所を確認できたのは9か所。

  • 撮影場所:千葉県茂原市本小轡1119-65
  • 駐車場:無し

最後に

いまでこそのどかな田舎町なのに、戦時中ではここで空中戦があったと思うとゾッとしました。

このような歴史的建造物は、戦争を「起こさせない」「忘れさせない」ためにも、保存が必要かもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-千葉