千葉

【千葉の観光】泳げなくても海が楽しめる夏のイベント「あさひ砂の彫刻美術展」

7月の千葉県観光のメインはひまわりやハスなのですが、その他にも砂の芸術という夏の風物詩があります。

まだ梅雨は明けていませんが、夏休みが本格的に始まって混み合う前に、旭市で砂の彫刻を鑑賞してきました。

制作期間最終日の時点では、一部が製作途中であったものの、特別招待制作者の砂像はすべて完成しており、迫力がある彫刻を見ることができました。

展示期間前日だったため、ギャラリーが少ない分、彫刻のみの撮影できたので良かったです。

また、今年の梅雨は晴れ間が全くなかった中、青空に恵まれたのでラッキーでした。

作品は、特別招待されたサンドアーティストの芸術性と技術が高い彫刻を始め、市民の方が作った可愛らしい作品までの十数点展示されています。

あさひ砂の彫刻美術展2019 in 飯岡海岸の詳細

  • 制作期間:2019年07月01日(月)~19日(金)
  • 展示期間:2019年07年20日(土)~28日(日)

※今年は大雨の影響でライトアップの準備ができなかったため、ライトアップは見られないとのことです。

あさひ砂の彫刻美術展2019 in 飯岡海岸の作品

子供から大人まで人気が高いミニオンズの中に、オバケのQ太郎が混ざっていたりと遊び心がある作品もあります。

アーティストの作品は、テーマが本格的で興味深いデザインでした。技術は素晴らしいのですが、芸術的センスがない私にはちょっと難しかったかも。

札幌雪祭りのようにパッと見て分かりやすい像の方が、子供から大人まで楽しめて良いのでは?と思いました。

あさひ砂の彫刻美術展へのアクセス

  • 住所:千葉県旭市横根1356
  • 駐車場:無料
  • トイレ:あり

県道沿いには会場への案内看板が無く、防潮堤により彫刻が全く見えません。

壁画アートの奥が会場となっていますので(銚子方面へ向かって右側)見落とさないよう気を付けて下さい。

カーナビは「いいおか潮騒ホテル」もしくは「食彩の宿いいおか」で設定すると分かりやすいです。

※「道の駅 季楽里あさひ」にも砂の彫刻があるのですが、案内標識を頼りに行くと分かりにくいので、ナビをしっかりセットすることをお勧めします。

最後に

どちらかというと、あさひ砂の彫刻美術展は大人向けのイベントかなと思います。

砂の彫刻は生まれて初めて見たので、想像とちょっと違ったというのが本音です。

ただし、彫刻自体は素晴らしいので見る価値ありです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-千葉